PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

子育て主夫ネットワーク「レノンパパ」活動日記

子育て主夫ネットワーク「レノンパパ」の活動を紹介します。
またメンバーの専業主夫の育児日記も掲載します。
主夫4コマまんが「第21回・22回」
0
     あけましておめでとうございます!

    しばらく更新が滞っていましたが、
    ぼちぼち再開したいと思います。

    なおパソコンが不調の為、今回は手書きです。


    見づらくてすみません。

    主夫になることに、「すごい!」とか、「覚悟はどうでした?」とか
    大げさに思う方もいますが、
    我が家では、いたってシンプル。

    僕が子育てをしたくて、
    妻が仕事をしたかったからです。

    以上です。(笑)

    夫婦のお互いの意見が一致したから、すんなりでしたね。


    ちなみに、主夫になったばかりの周りの反応は色々でしたが、
    年配の方にはなかなか理解されず、
    「遊んでる」とか、「養われてる」とか
    ネガティブな発言をされることもありました。

    でも、子育てって子どもと遊んでなんぼじゃないですか?
    子どもにとっても遊びが仕事ですし、
    一緒に遊んであげることも立派な仕事だと、私は思っています。

    というか、主夫の仕事は結構忙しいから、
    そんなに遊んでる暇は無いんですけどねー。

    作・文:はるパパ

    ※4コマまんがは、定期更新が難しいため、不定期更新となります。
     すみませんm(._.)m

    | 主夫4コマまんが | 15:07 | comments(0) | - | - | - |
    主夫4コマまんが第20回「禁断の技」
    0


      その後、この技を使うことは二度とありませんでした・・・

      子どもって、出かけ先で歩けなくなること、よくあります。
      帰りの体力とか考えないで思いっきり遊ぶので、
      途中でバテちゃうのでしょうね。
      で、子ども一人なら、だっことか肩車で対応できるのですが、
      二人いる時はどうにもなりません。

      普段、二人乗りのベビーカーを使うのですが、
      この日はそれを忘れていたんですね。

      一人ずつ車まで連れていこうにも駐車場は遠いので、
      どちらかを置いていくわけにもいかないし・・・
      それで編み出した技が「W肩車」!

      ※危険ですのでマネはしないでください。

      一応やり方を教えますが・・・
      やり方としては、まず下の子を普通に肩車します。
      上の子をリュックの上に乗せ、下の子を手で抱えさせ、両足でも挟み込ませます。
      下の子の両手をしっかり掴み、両脇で二人の足をがっちりと挟みます。


      なお、異常に重く、重心を前に持っていかないとバランスが崩れるので、
      あまり距離は歩けません。
      緊急事態の技と考えてください。
      あと、肩が筋肉痛でヤバイことになりますので、
      全くもってオススメしません。

      こういう状況を作らないように万全の準備を整えることに限りますね!


      作・文 はるパパ
      ※4コマまんがは毎週水曜更新予定です。

      | 主夫4コマまんが | 08:56 | comments(0) | - | - | - |
      主夫4コマまんが第19回「初父母会」
      0
         

        父母会っていうから、お父さんも参加していると思うじゃないですか!
        実際は、母会か、富母会でしたね!

        きっと保育園の父母会なら、共働き家庭も多いでしょうし、
        お父さんの参加も多いと思うのですが、

        息子の通っている幼稚園では、専業主婦家庭が多いようで、
        完全に母の会になっていました。

        これ、一見羨ましいようなシチュエーションと思う方もいるかもしれませんが、
        実際は、そんな余裕ないですよ。
        お母さん方に囲まれる状況というのは、
        かなりのプレッシャーがありますね。

        でも、みなさん主夫のことを好意的に思ってくれていて
        気にせず受け入れてくださるので、
        当時、孤立感を感じていた自分は、
        居場所を見つけたような気持ちになり、
        とてもありがたかったんです。


        今では、気にせず父母会に行き、お母さん方と和気藹々としています。
        人間慣れてしまうものですねぇ


        作・文 はるパパ
        ※4コマまんがは毎週水曜更新予定です。
        (作者体調不調の為、更新が遅れ気味になっています。すみません。)






        | 主夫4コマまんが | 08:53 | comments(0) | - | - | - |
        主夫4コマまんが第18回「買い物」
        0
           


          まぁ、マイバックを持ってきていない時点で素人ですがね!

          昼間買い物する時、ってほぼ他のお客さんって主婦っぽい方ばかりです。
          そんな時、なぜか無駄に対抗意識を燃やしてしまうのです!
          「自分はたまの休みに買い物に来た買い物の素人ではないのだ!
          ちゃんと、お買い得品を押さえて無駄なく買い物してやるぜ!」
          みたいな(笑)

          実際に、レジ袋に買ったものを梱包するのはコツがいります。
          尖ったもの、重いもの、潰れやいもの、匂いが移るものなど、
          上手に入れていかないと、袋に収まらなかったり、破けたりすることもあります。
          それを主婦の方は、手際よくこなすのですが、
          自分はまだまだ上手にできません、、、

          いつか、上手に梱包して見返してやります!


          作・文:はるパパ

          ※4コマまんがは毎週水曜更新予定






          | 主夫4コマまんが | 09:29 | comments(0) | - | - | - |
          主夫4コマまんが第17回「うわさ」
          0
            更新遅れてすみません!

            第17回お送りします。





            4コマ目の会話は、後でお母さん達から聞いた話です。
            最初から主夫ということを伝えてなかったので、
            顔なじみにはなっていたけど、
            いったい何者??
            という印象だったみたいです(汗)

            しかも、気になっていても直接訊けなかったそうで・・・
            子育て広場に平日もよく来るパパって
            珍しい存在で、たまに来るならお休みのパパかな?
            って思うみたいなんですがね。
            なかなか「主夫」という選択肢が浮かばないみたいで
            「リストラされた人」だとか、
            「働いていない人」とか
            変なイメージを抱いてしまうそうな・・・


            こんな話を聞いてからは、主夫です。と最初から言うようになりましたけどね。
            できれば、そんな前置きなくとも
            自然と行けるような子育て社会になってほしいものです。

            作・文 はるぱぱ

            ※4コマまんがは毎週水曜更新予定です。
            | 主夫4コマまんが | 11:56 | comments(0) | - | - | - |
            子育て主夫ネットワーク「レノンパパ」ホームページ

            profilephoto
            上の画像をクリックするとHPに飛びます。
            【お知らせ1】
            主夫の花見会

            日時:3月下旬か、4月上旬日

            場所・都内


            レノンパパ問い合わせ:syuhunet(あっとまーく)lennonpapa.org
            【お知らせ2】
            講演を行っています

            レノンパパでは、依頼があれば講演を行っています。

            主夫についてはもちろん
            ライフワークバランスや家族のあり方など
            講演内容はご要望に応じますので
            お気軽にお問い合わせください。
            レノンパパ問い合わせ:syuhunet(あっとまーく)lennonpapa.org
            レノンパパ
            メールマガジン
            「レノンパパ」への
            お問い合わせ

            下記のアドレスまでお願いします。
            syuhunet(アットマーク)lennonpapa.org

            ※(アットマーク)のところを @ に変えてください。
            SEARCH THIS SITE.
            MOBILE
            qrcode
            OTHERS